VOICE 先輩の声
保育士
木村 早紀
ピノキオ幼児舎 新高円寺園
平成29年3月 新卒入社

イキイキして明るい雰囲気が一瞬で伝わった
園見学で感じたピノキオの魅力

保育士をしている母親が、仕事から帰ってくるといつも楽しそうに子どもたちの話を聞かせてくれていました。そんな母親の姿を見て、保育士を目指すようになりました。
保育士を目指して就職活動をしていく中で、ピノキオ幼児舎の園を4か所見学したのですが、どの園もとても良い雰囲気だったのが印象的でした。子どもたちだけでなく、先生方もとても楽しそうに保育をしていて、明るい雰囲気が一瞬で伝わってきて、入社したい!と思いました。ピノキオの保育理念「ひとりひとりに、のびやか保育。」を大切に、それぞれの園がのびやかでイキイキと保育しているのがピノキオですね。

「先生がこの子の初めての先生でよかった」
一番うれしかった出来事

入社1年目は0歳児クラスの担任になりました。日々の保育の中で心掛けていたことは、子どもたちの気持ちを理解して受け止める思いやりの心を持つこと、笑顔で接すること。また、人と話すのが好きということもあり、保護者様とは積極的にコミュニケーションをとることを大切にしていました。そうして1年頑張ってきた年度末最後の日、転園する園児の保護者様に「さき先生がこの子の初めての先生でよかったです。」と言われたことがとても心に残っていて、私の中で大きな出来事でした。進級する園児の保護者様からも「来年もさき先生が担任だったら嬉しいです。いつも一生懸命な姿を見ているし、うちの子もさき先生が大好きだから。」と言っていただけて、やっていてよかったなと思いました。今はその1歳児クラスの担任をしています。

子どもたちと一緒に成長できる
保育士というお仕事

人それぞれ得意・不得意があると思いますが、私の場合、苦手なことはその分野が得意な人や好きな人に相談したり、信頼できる園の先生方に見てもらいながら何事も積極的に取り組むようにしています。私自身ももっともっとスキルアップして、子どもたち、保護者様、一緒に働く先生方から信頼される先生になりたいと思っています。保育士というのは、壁にぶつかってもそれを乗り越えながら、子どもたちと一緒に成長していける素敵なお仕事です。その一瞬一瞬しか見られない貴重な子どもたちの成長をピノキオで一緒に見守っていきましょう!

他のスタッフを見る

新卒採用情報 中途採用情報 エントリーフォーム